海外通販を利用したいけれど、言葉がわからない?どうやって購入すればいいの?気をつけなければいけないことは、など初めて海外通販を利用するときに知っておくべきことをまとめています!

タイプ2:人種差別型


欧米などに多く

簡単に言えば
英語が不得意で性格がおとなしい日本人を

ナメているのです

「こいつを騙してやる!」というほど
強くて明確な悪意はありませんが

「ちょっとごまかしてやれ^^」

「ろくな交渉力も行動力も無いんだから
 これくらいのことなら
 放っておけば、そのうち黙るだろう^^」

というような
考えでいるのです

このタイプの場合は(特にアメリカの場合)
「こちらが法的な手段に訴えることを本気で検討している」
ということをハッキリ伝えれば

急に態度を変えることも多く

ある程度真剣な態度で追い詰めれば
トラブルが解決する可能性は大いにあります

メールで普通に要求をしても反応が思わしくない場合
こちらが本気であることを伝えるには
以下のような手順を踏みます

これはアメリカ流のやり方ですが
ヨーロッパでも、ある程度通用します

まずは
メールで「訴える用意がある」と言ってみてください

(特にアメリカの場合)
訴訟の話を持ち出しただけで
おもしろいように態度が変わることがあります

それでも、なお
はぐらかされたり無視されたりするようなら
文書で要求をしましょう

この文書は
弁護士などに作成してもらう必要はありません

以下の2点について書いた
それなりに見栄えのする文書を送れば
慌てて対応をしてくる場合が多いです

1.

注文日時や入金日時など
これまでのやり取りの経緯

2.

何月何日(必ず具体的な日付を書く!)までに
商品を送ってこない[あるいは返金をしない]場合は
法的手段に訴える、という明確な文言

上記の文書を送っても
なお、進展がなければ

あとは
本当に法的手段に訴えるしかなくなります

ただし、そうなると
途方もない費用も手間がかかることになりますので

感情に流されず
よく検討してください

おすすめの輸入代行業者


モールテール(malltail)
保管料やカード決済手数料, 検品手数料などすべて無料。とても使いやすい業者さんです。

アメリカのアマゾンからの輸入も対応!