海外通販を利用したいけれど、言葉がわからない?どうやって購入すればいいの?気をつけなければいけないことは、など初めて海外通販を利用するときに知っておくべきことをまとめています!

送り先の住所の書き方(具体例)


ここでは
英語で住所を書く際の具体例をご紹介します

【例】


〒123-4567
東京都千代田区永田町1丁目2番3号
永田マンション501号室

の場合は
英語で書くと、以下のようになります

Nagata mansion #501
1-2-3 Nagatacho Chiyoda-ku Tokyo
123-4567 JAPAN

郵便番号、国名、都道府県は
別に入力する欄がある場合もありますので
その場合は適宜変更してください

住所の書き方の基本は
「日本とは逆から」です

前項でもご説明した通り
最終的にあなたの家に郵便物を配達するのは
日本の郵便局の日本人配達員ですから

「Tokyo」か「TOKYO」か「Tokyo-to」か「Tokyo city」か・・・
などの細かい表記に悩む必要はありません

また
英語で「マンション」とは「集合住宅」ではなく「豪邸」を意味するので
日本人の使い方は誤りである

ということは有名ですが
固有名詞なのですから
別にmansionと書いてしまって構いません

どうしても恥ずかしい場合は
「#501 1-2-3 Nagatacho...」のように
書いてしまいましょう

ちなみに電話番号は
+81の後に市外局番のゼロを取ったものを続けて
以下のように書きます

【例】03-1234-5678

↓ ↓ ↓

+81-3-1234-5678

おすすめの輸入代行業者


モールテール(malltail)
保管料やカード決済手数料, 検品手数料などすべて無料。とても使いやすい業者さんです。

アメリカのアマゾンからの輸入も対応!